月星座がかに座のこどもの個性や才能

こんにちは!

 

子どもの性格が詠めると

子育がもっとラクに楽しくなる!

ホロスコープセラピストの松浦あきです。

 

 

かに座の子どもの特徴

兄弟が怒られているのを見たら、

自分のことのように感じて泣いたり、

 

家族や友達が悲しんでいるのを

自分のことのように一緒に悲しんでくれる

とても心の優しいこどもです。

 

悲しんでいる人に

そっと寄り添ってあげることができます。

 

そばにいる人が喜んでいれば一緒に喜び

悲しんでいれば一緒に涙ぐんでしまう

共感能力がとても高いこどもです。

 

蟹座の守護星は月ですので、

日々移り変わりゆく月のように、

ナイーブで、感情も

コロコロ変化しやすいベースがあります。

 

どちらかと言うと神経質で

積極的な方ではないかもしれません。

 

しかし、家族の前だと内弁慶なのか

大きく出ることもあるでしょう。

 

良く泣く子供でしょうが、

それは感受性が他の人よりも敏感で繊細だからです。

 

自己防衛本能が強いので、

ケンカなどの争いごとは苦手でしょう。

 

争いごとを避けるためにも、

身内以外は排他的な態度をとりがちです。

しかし、身内に危険が迫れば、

ものすごいパワーで反撃する底力を持っています。

 

他の人は気にならなくても、

気になってしまって、

自分はいじめられていると思ったり

そっけない態度をママがとれば、

ママは私のことがキライなのかも。。

と一方的に悲しんだり、落ち込んだり。

 

愛情が深く豊かなことで、陥りがちです。

特に幼いころは、

ママへの愛情が深いために

独占欲が強く、

ほかに兄弟がいたりした場合は、

嫉妬心メラメラになることも

あるかもしれません。

 

そんな時は、

「安心して、ママはあなたのことが大好き!愛しているよ」

となんどもなんども繰り返し、

言葉でも、行動でも伝えてあげてください。

そうすることで、安心し

マインドも安定してくるはずです。

 

蟹座のこどもは、

良くも悪くも人の影響を受けやすいです。

 

お友達から

自分のものを欲しいと言われたら、

気に入っていてもあげてしまったりすることも。

 

ママは

「この子、社会で生きていけるのか?」

と心配になってしまうかもしれませんね。

 

心が安定していれば、

ちゃんとママや家族に

「どうすれば良いのか?」

と相談出来ますから、

あれこれ言いたくなってしまうかもしれませんが、

そっと見守りつつ、

子供の一番の相談相手になってあげましょう。

 

優しい心と感受性の鋭さが

マイナスに映ることもあるでしょうが、

プラスになることもあります。

 

それば感受性が大事になってくる

芸術の方面に関してです。

 

芸術や芸能の才能が

秘めている可能性がありますから

大事にしてあげられると良いですね。

 

また、その感受性が極端に傾きすぎると

被害者意識が強くなることも。

 

普段から自分の意見を

他者に合わせる傾向がありますから、

窮地に立たされた時にそうなりやすいので、

追い詰めすぎると、

逆ギレして怒り出しますから要注意です。

 

そして蟹座の子は、

一見穏やかに見えますが、

その場の状況によって

感情が左右されるので、

感情の起伏が激しい子どもに見えるかもしれません。

 

共感能力が高い反面、

一緒にいる人にも、

感情の同化を求める傾向があるので、

同じ感情でない場合、

仲間から弾く冷たい面も持ち合わせています。

でも、それは

仲間を守るための固い甲羅を持っているからこそ。

甲羅の外側には気を使っていられないのでしょう。

 

そして、

ママが普段からニコニコしていると、

子どももニコニコ。

周りに不満をよく言っているのであれば、

こどもも同じようなタイプになります。

 

模倣が得意なかに座なので

一番近くにいるママが

その子の原型になりますから

ちょっとだけ意識して

ステキなママを演じてみるのも良いかもしれませんね^^

 

かに座の子どもの健康について

体が冷えやすいので、

適度な運動をさせて、

筋肉をつけさせてあげると良いでしょう。

 

また、運動することで、

夜も深い眠りが期待出来ますから、

健康的な状態を保てるはずです。

 

基本的に蟹座は用心深いですから、

ケガをしたりの外傷は少ないかもしれません。

 

しかし、感情に支配されている蟹座なので、

ちょっとした人の仕草にも敏感に察知してしまい、

思い込みによる被害妄想にとらわれてしまったりすることがあります。

 

優しいからこそ、

人に気持ちに同化してしまい、

対人関係のなどで悩みがちかもしれません。

 

そのため、人間関係のストレスから、

胃腸などの消化器官に負担がかかり

神経性の病気や、

潰瘍などの疾患に注意が必要です。

 

女性の場合は、

子宮や乳房などの

婦人科系の疾患にも注意すると良いでしょう。

 

また蟹座は水のエレメントでもあるので

冷たく湿っているグループ。

 

ですから冷え性にもなりやすいです。

 

外側から暖かくするだけでなく、

内側からも熱を発散出来るよう、

適度に運動をして

筋肉をつけられると良いですね^^

 

冷えは万病の元。

冷えない体作りを目指しましょう!

 

ご自分のお子さんの特徴と

照らし合わせてみていかがでしたでしょうか?

 

ここでは潜在意識や感情

マインドを表す月星座をベースに

子どもの特徴を星座ごとに解説していますが、

ホロスコープ個別コンサルやメール鑑定をする場合は、

月星座だけではなく、

子どもが持って生まれたホロスコープ全体を読み解きますので

個別の作成する鑑定書の内容はより深く、

もっと色とりどりなものになります。

 

ですから、

月星座がかに座だからと言って

かに座らしくなるか?というと

 

その子の家庭環境なども

子どもに大きく影響を与えますので

一概に言えないこともあります。

 

しかし、三つ子の魂百までというくらい

月星座は、自分でも気がつかない

無意識の領域を管轄していますから

絶対に知っていて損はありませんよ^^

 

月星座の個性を知ることで

我が子がどんな感情のベースを持っているのか?

どんなことに子どもは癒され苦手意識を持ちそうか?

そんなことが分かるのです。

 

それを知っているかいないかで、

子育てのストレスは大きく変わるはず。

 

今よりもっとラクで、

楽しい子どもとの関係を築くヒントとして

ぜひホロスコープを活用してみてくださいね^^

 

子供の性格が詠めると、子育てがもっとラクに楽しくなる!ママと子どもの占星術

【サービス一覧】

ホロスコープ個別コンサル

ママと子どもの占星術講座

お客様の声

お問い合わせフォーム

ホロスコープセラピスト 松浦あき

関連記事

  1. 2017年冬至図 自分の夢や理想を見据えて固めるとき

  2. ドタキャンする友人にイライラします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2017.12.11

    12星座別 知っておきたい!こどもの個性や才能のこと

  2. 2017.12.02

    エレメントってなーに?

  3. 2017.11.29

    【永久保存版】星占いの基礎知識

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

Instagram

Facebookページ