秋分の日 現状を見直し、手放し、未来に目を向けるとき

こんにちは!

 

子ども性格が詠めると

子育がもっとラクに楽しくなる!

ホロスコープセラピストの松浦あきです。

 

9月23日は

秋分の日ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空の太陽が、

てんびん座に入る日のことです。

 

春分の日におひつじ座がスタートし

夏至が来て、

おとめ座で自己の完成を目指します。

 

そして季節は盛りの夏を過ぎ、

収穫の秋に移りました。

 

春に蒔いた種が、

どんな大きさの

どんな形をしたモノになっているのか?

 

春分の時に種を蒔いた

結果の収穫が秋分に行われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

どれくらいの収穫かは

人それぞれになりますが、

 

コツコツ行動を続けてきた人にとって

豊作に感じるかもしれませんね^^

 

 

 

 

 

 

 

そして、中庸ですから

半年間の自分を一旦振り返ってみて

ゼロに戻してみましょう。

 

 

そうして要らないものと

必要なものを精査して、

 

 

要らないものは手放し、

必要なものは獲得しに行く。

 

 

 

終わったことには目を向けすぎず

未来に目を向けていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

今回の秋分は、

先日起きた乙女座の新月同様に、

 

乙女座に天体が集中しています。

 

 

 

新月の時は「他者との深い繋がり」を表す

8ハウスで起こり、

 

秋分は「見えない秘密のハウス」と言われる

12ハウスで起こります。

 

 

この12ハウスは、

「潜在意識」や「見えない領域」「秘密」を表します。

 

 

その12ハウスの天体たちに

180度向かい側から

感情を表す海王星が影響を与えるので、

 

思考や感情が揺らぎやすかったりする一方で

直感やひらめきが起きやすいかもしれません。

 

 

想像力が豊かになる時期ですが、

足元がおぼつかないふわふわした感じにもなりやすいので、

漠然とした計画などは避け、

確実性のある計画を立てるようにしましょう。

 

 

 

また、

突然何か新しい収入の得方を他者を通して入ってきたり、

経済的な変化を感じる人もいるかもしれません。

 

 

 

そして昨年、

幸運や拡大を表す「木星」が

パートナーシップを表すてんびん座に入ったことで

この一年は人間関係がフューチャーされた1年だったのではないでしょうか?

 

 

 

良くも悪くも、

人との関わり合いの中で自己憐憫を感じやすかったり、

逆に大きく成長するきっかけを与えられたのではないかと思います。

 

 

 

来月、10月11日から

幸運(耕運)の星である木星が

てんびん座からさそり座へ移動します。

 

 

これまで広がっていった人間関係を、

今度はぎゅっと絞って、

深いところでつながり合う関係を育んで行く1年になりそうです。

 

 

誰とでも仲良くから、

特定の誰か、何かと深くつながる。

 

 

これも良さそう、

あれも面白そう

 

と、

拡大傾向にあったものの中から

何かキラリと光るものを見つけるはず。

 

そして、

それを大事に育てていく時期になるでしょう。

 

 

それをすることで、

振り返った時に

もう今までの自分でなくなっているような

変容を感じるかもしれませんよ^^

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も素敵な1日を♪

 

子供の性格が詠めると、子育てがもっとラクに楽しくなる!ママと子どもの占星術

【サービス一覧】

ホロスコープ個別コンサル

ママと子どもの占星術講座

お客様の声

お問い合わせフォーム

ホロスコープセラピスト 松浦あき

関連記事

  1. 【永久保存版】星占いの基礎知識

  2. 自己肯定感とホロスコープ

  3. 土星やぎ座時代へ突入。具現化させるために揺るがない足元を築こ…

  4. 春分の日 自分の理想を掲げ、足元を固める

  5. プログレスの新月。新しく人生がリセットされる時。

  6. あなただけの、2万6千年に1度のホロスコープ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2017.12.11

    12星座別 知っておきたい!こどもの個性や才能のこと

  2. 2017.12.02

    エレメントってなーに?

  3. 2017.11.29

    【永久保存版】星占いの基礎知識

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

Instagram

Facebookページ