夫の甘え方をホロスコープ的に解読すると?

こんにちは!

子どもの性格が詠めると

子育がもっとラクに楽しくなる!

ホロスコープセラピストの松浦あきです。

 

たまに訪れる

 

夫からの引っ掛け問題の
もしもシリーズ。

 

今日も、
いきなりやってきました(笑)

 

そして、
この定期的に訪れる〇〇シリーズを
占星術師の観点から
毎回解読をして、
あなたにシェアいたします^^

 

 

わたしの夫は
月星座が魚座で
太陽星座がてんびん座なので、

同じ組み合わせ
もしくは、

ホロスコープの太陽か月星座に
てんびん座かうお座の星座を
お持ちの旦那さまをお持ちの方は
参考にしてみてくださいね♡

 

 

 

 

 

 

さてさて、話は戻って、
突然の〇〇だったらどうする?
シリーズのはじまりです。

 

「もし、僕に彼女がいて、
その彼女が家に
上がり込んできたら
あきちゃんどうする?」

という問題。

 

速攻で

「水戸の実家に帰るから
あとは好きにすれば?」

と、カタカタPC作業しながら答えました。

 

そうしたらなんとっっ!

不正解!!!!

 

 

「何てツマラナイ答えなんだ!

もう水戸のお母さんのとこから
2度と帰ってくるな!」

と言われました(笑)

 

もしもシリーズなのに、、、、、
帰ってくんなって言われても(; ̄ェ ̄)

 

 

 

 

 

 

「はー????????」

って言っちゃいましたけど、
本人は酔っていたのもあって
本気で怒っていたのです。

 

勝手にもしもクイズ出して
勝手に怒って
勝手に寝ちゃってましたので

 

翌日、
何が正解だったのか聞いてみました。

 

そうしたら
彼女(仮)に

 

「ウチに入ってくんなボケ!」

と言って、追い出す。

 

が、正解だったらしいです。

 

何それ?!

って感じだったのですが

 

面白いなーと感じたのが、

 

夫は、そんな状況になっても
わたしに居座り続けて欲しくって

夫の彼女(仮)を

追い出してほしいんですって

 

どんな状況にあっても
自分と離れないでいてほしい

それがホンネだったらしく。

 

 

月星座がうお座って
とってもロマンチックなんだなぁ
と再確認した出来事でした。

 

 

 

 

 

ロマンチックだからこそ
ドライに自己処理しちゃう
「おとめ座」の対応に怒ったんでしょうね。

 

てんびん座もロマンチックだけど
うお座の方が、
甘々な感じのロマンチックさを感じます。

 

イチャイチャした感じが
うお座っぽいかも。

 

てんびん座の方が、
演出がスマートで
バラの花束とかを
プレゼントしてくれるイメージかなぁ。

 

もし、あなたのパートナーから
もしもクイズを出されたら

 

「出て行かない!絶対あなたと離れない!」

といえば、
月星座のうお座は大丈夫でしょう。

 

 

 

 

 

さっぱりタイプのわたしからすると
ちょっとばかり面倒くさいわー

 

と、思いますが、
そこは夫が喜ぶことで
家庭が和気あいあいになるなら

 

「出て行かない!あなたと離れたくないから!」

 

くらいは言えるよね、
ってドライに考えてしまうわたし。

 

ウソも方便ではないけど、
パートナーが喜ぶ言葉を
言ってあげることって大事だと思います。

 

もちろん、
心からのありがとうや、
愛しているって言葉も大事だけれど。

タダだしねw

 

先日も、リピーターの方から
「ホロスコープからわかる旦那さまの取扱説明書」の

作成依頼をいただいたのですが、

 

出来上がった取説を読んで
ゲラゲラ爆笑した!

とご報告をいただきました。

 

あなたもパートナーの
取り扱い説明書を手にしたいならば
ぜひホロスコープメール鑑定にどうぞ^^

 

 

 

 

 

家族の分だけ取扱説明書はあります。

 

旦那様のマニュアルを読んで
ぜひ今よりも
もっと楽しい関係を築く
ヒントを得てくださいね^^

 

関連記事

  1. 【個別コンサルのご感想】どうせを自分なんてを卒業して自分と恋…

  2. 運命の出会い?!一目惚れしやすいホロスコープ

  3. 犬の乳腺腫瘍のことと、月うお座の夫のこと。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2017.12.11

    12星座別 知っておきたい!こどもの個性や才能のこと

  2. 2017.12.02

    エレメントってなーに?

  3. 2017.11.29

    【永久保存版】星占いの基礎知識

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

Instagram

Facebookページ